工学部のアドミッション・ポリシー


工学部のアドミッション・ポリシー


 鹿児島大学の教育目標を受けて、工学部では次のような人材(技術者・研究者)の育成を目標としています

1.自然科学と工学の基礎知識および専門技術知識を修得し、社会の安全・発展に貢献できる人材
2.創意と応用力を持ち、社会の要請する新技術や新産業分野の開拓に積極的に貢献できる人材
3.幅広い分野の知識と工学的デザイン能力を有する人材
4.高い倫理観をもって人類の幸福と福祉に貢献できる人材

 このような観点から、工学部では次のような学生を求めています。

1.工学部の教育目標に共感し、それを実現できる基礎学力と意欲をもつ人
2.人類の福祉ならびに社会の持続的発展に自主的、継続的に取り組む意志と能力をもつ人
3.自らの教養をより高めようとする努力を惜しまず、国際的視野の多様な価値観を大切にする人
4.大学で獲得した専門知識を基礎にして、専門職業人として高い倫理観をもって社会に貢献することをめざす人



各学科のアドミッション・ポリシー



一般入試募集


 工学部では全学科の間において第2志望および第3志望を認めていますので、次のような各学科の求める学生像を参考として、志望学科を決めて下さい。


機械工学科
 機械工学は機械とそれに関連する事柄を研究する学問で、“ものづくり”を支える工学の一つです。ミクロな世界から宇宙探索まで私たちの周りで使われる種々の機械は高性能・高機能化、省エネ化、環境保全のためのクリ−ン化が進んでおり、社会の持続的発展のためには、これまで以上に役立つ新しい機械の創造が必要となっています。機械工学科では次世代を担う技術者・研究者の育成を目指しており、一般入試では次のような人を求めています。
1.機械工学に大いに興味があり、真摯に学ぼうとする意欲、向上心・探究心にあふれる人
2.数学(数学V・数学Cまで)と理科(特に物理T・物理U)の基礎学力があり、論理的・物理的思考に対する素養がある人
3. 高等学校で学んだ国語(読解力、文章表現力)、英語(読み、書き、会話)、その他の科目に対し、総合的な基礎学力がある人

電気電子工学科
 電気電子工学科は、電気・電子・情報通信の最先端分野における調和のとれた発展を通じて人類の幸福と福祉に貢献することを基本的視点としており、そこでは自然科学全般の基礎知識・電気電子工学に関する専門的知識・工学倫理等を習得すること、その応用・実践を体験的に学習することができます。これらにより、課題を多面的に考え、解決策をデザイン・実践する能力を備えた技術者・研究者を育成することを目標としています。これらを達成するためには、基礎となる数学や物理等の科目を十分に習得していることが肝要です。一般入試では、次のような向学・研究心あふれる人を求めています。
1.電気電子工学科の教育目標に共感し、それを実現できる基礎学力・意欲をもつ人
2.研究・応用分野での最先端の知識・実践力を身につけ、社会で活躍したい人
3.国際的コミュニケーション能力を身に付け、国内外で活躍したい人

建築学科
 建築の役割は、個々の建物から都市までを対象として、学術と技術と芸術の3つの面を融合して、人々に快適な空間を創造することです。建築学科では、数学、理科、語学、社会科に関する基礎学力を有し、科学と芸術と社会の広い分野に関心を持つ次のような学生を求めています。
1.建築を造りたいという情熱を持っている人
2.建築と人間や社会や環境との関係に興味がある人
3.建築デザインの分野で能力を活かしたいと考えている人
4.安全で美しい建築を造る技術に関心のある人

環境化学プロセス工学科
 環境やエネルギー問題に取り組み、将来の人類の幸福と福祉に貢献していくには、環境問題への使命感や健全な倫理観を身につけた化学技術に理解の深い技術者・研究者が必要です。科学の基礎知識を習得しただけでなく、それらを実際に生かすための方法論と倫理観を身につけることが私たちの教育目標です。このような観点から環境化学プロセス工学科では化学、物理、数学、英語についての基礎的能力を有している次のような学生を求めています。
1.科学の基礎知識と倫理観を身につけ、環境と調和した社会の創出に貢献したい人
2.大学で学んだ化学技術の専門知識を活かして社会へ貢献したい人
3.コミュニケーション力や協調性を養い、世界に視野を向けて様々な問題に取り組みたい人
4.工学技術を身につけ、研究開発を通して地域社会へ寄与したい人

海洋土木工学科
 海洋土木工学科は、海洋に関する深い理解とそれに関連した土木工学に関する豊富な知識・判断力を有する人材の育成をめざしています。このような観点から、本学科では次のような学生を求めています。
1.数学・理科など高等学校での基礎学力を十分に習得し,論理的思考の好きな人
2.持続可能な国土・海洋の開発と保全に関する話題に関心があり,関連分野での活躍を夢見ている人
3.自然環境と人間社会との調和に関わる技術開発に興味と情熱をもつ人
4.学生募集要項に掲げる一般入試に必要な試験科目を十分に学習している人

情報生体システム工学科
 高度情報化社会を支える情報システムは、人と環境に優しい安心安全な社会の実現に必須な基盤的技術です。情報生体システム工学科では、その基本である、情報システム工学、脳認知工学、生体計測工学に関連する教育・研究を行います。当学科では、この分野に関心を持つ次のような学生を求めています
1.情報工学・生体関連技術に興味があり、何事にも柔軟な発想で積極的に取り組める人
2.人間の認知過程や生体システムに興味があり、システム構築に取り組む意欲のある人
3.倫理的判断力を持って多くの人と積極的な意見交換を行い、自分の考えを論理的に説明できる人

化学生命工学科
 化学生命工学科は、化学の知識を役立てることにより、地球環境や生命との調和を図りつつ、グローバルな視野をもって人類社会の持続的発展に寄与できる人材の育成をめざしています。このため本学科では、特に化学・生物・物理・英語についての十分な学力を有し、勉学意欲があり、広範な視野と柔軟性を備え、積極性に富む次のような学生の入学を希望します。
1.新物質や機能材料の創製に意欲をもつ人
2.バイオテクノロジーに興味をもち、医薬や医用材料の創製に意欲をもつ人
3.分析や化学計測に関心のある人
4.環境保全やエネルギーなどに興味をもつ人


推薦入試T募集


機械工学科
 機械工学は機械とそれに関連する事柄を研究する学問で、“ものづくり”を支える工学の一つです。ミクロな世界から宇宙探索まで私たちの周りで使われる種々の機械は高性能・高機能化、省エネ化、環境保全のためのクリ−ン化が進んでおり、社会の持続的発展のためには、これまで以上に役立つ新しい機械の創造が必要となっています。機械工学科では次世代を担う技術者・研究者の育成を目指しており、推薦入試Tでは次のような人を求めています。
1.機械工学に大いに興味があり、真摯に学ぼうとする意欲、向上心・探究心にあふれる人
2.数学(数学T・数学U)と物理(物理T)の基礎学力があり、論理的・物理的思考に対する素養がある人
3.課外活動を含む学校生活を通して培われた精神力と協調性があり、科学的発想などに豊かな感性がある人

電気電子工学科
 電気電子工学科は、電気・電子・情報通信の最先端分野における調和のとれた発展を通じて人類の幸福と福祉に貢献することを基本的視点としており、そこでは自然科学全般の基礎知識・電気電子工学に関する専門的知識・工学倫理等を習得すること、その応用・実践を体験的に学習することができます。これらにより、課題を多面的に考え、解決策をデザイン・実践する能力を備えた技術者・研究者を育成することを目標としています。推薦入試Tでは、次のような人を求めています。
1.電気電子工学科の教育目標に共感し、さらに高い知識と技術を身につけようとする意欲を持つ人
2.電気電子工学に関する基礎学力を有する人
3.研究・応用分野での最先端の知識・実践力を身につけ、社会で活躍したい人
4.国際的コミュニケーション能力を身に付け、国内外で活躍したい人


推薦入試U募集


機械工学科
 機械工学は機械とそれに関連する事柄を研究する学問で、“ものづくり”を支える工学の一つです。ミクロな世界から宇宙探索まで私たちの周りで使われる種々の機械は高性能・高機能化、省エネ化、環境保全のためのクリ−ン化が進んでおり、社会の持続的発展のためには、これまで以上に役立つ新しい機械の創造が必要となっています。機械工学科では次世代を担う技術者・研究者の育成を目指しており、推薦入試Uでは次のような人を求めています。
1.機械工学に大いに興味があり、真摯に学ぼうとする意欲、向上心・探究心にあふれる人
2.数学(数学U・数学B、または工業数理基礎)と物理(物理T)の基礎学力があり、論理的・物理的思考に対する素養がある人

電気電子工学科
 電気電子工学科は、電気・電子・情報通信の最先端分野における調和のとれた発展を通じて人類の幸福と福祉に貢献することを基本的視点としており、そこでは自然科学全般の基礎知識・電気電子工学に関する専門的知識・工学倫理等を習得すること、その応用・実践を体験的に学習することができます。これらにより、課題を多面的に考え、解決策をデザイン・実践する能力を備えた技術者・研究者を育成することを目標としています。推薦入試Uでは、次のような人を求めています。
1.電気電子工学科の教育目標に共感し、その実現に意欲をもつ人
2.数学・物理の学力が特にすぐれている人
3.研究・応用分野での最先端の知識・実践力を身につけ、社会で活躍したい人
4.国際的コミュニケーション能力を身に付け、国内外で活躍したい人

建築学科
 建築の役割は、個々の建物から都市までを対象として、学術と技術と芸術の3つの面を融合して、人々に快適な空間を創造することです。建築学科では、数学、理科、語学、社会科に関する基礎学力を有し、科学と芸術と社会の広い分野に関心を持つ次のような学生を求めています。
1.建築を造りたいという情熱を持っている人
2.建築と人間や社会や環境との関係に興味がある人
3.建築デザインの分野で能力を活かしたいと考えている人
4.安全で美しい建築を造る技術に関心のある人
 推薦入試IIでは、特に空間や立体などの構成に関する分析力・理解力・表現力や、建築への適性および自分の考え方を論理的に表現できる能力などに優れている学生を求めています。

環境化学プロセス工学科
 環境やエネルギー問題に取り組み、将来の人類の幸福と福祉に貢献していくには、環境問題への使命感や健全な倫理観を身につけた化学技術に理解の深い技術者・研究者が必要です。科学の基礎知識を習得しただけでなく、それらを実際に生かすための方法論と倫理観を身につけることが私たちの教育目標です。このような観点から環境化学プロセス工学科では化学、物理、数学、英語についての基礎的能力を有している次のような学生を求めています。
1.科学の基礎知識と倫理観を身につけ、環境と調和した社会の創出に貢献したい人
2.大学で学んだ化学技術の専門知識を活かして社会へ貢献したい人
3.コミュニケーション力や協調性を養い、世界に視野を向けて様々な問題に取り組みたい人
4.工学技術を身につけ、研究開発を通して地域社会へ寄与したい人
 推薦入試Uでは、化学I、化学II程度の内容についての学力、論理的思考力を評価します。

海洋土木工学科
 海洋土木工学科は、海洋に関する深い理解とそれに関連した土木工学に関する豊富な知識・判断力を有する人材の育成をめざしています。このような観点から、本学科では次のような学生を求めています。
1.数学・理科など高等学校での基礎学力を十分に習得し,論理的思考の好きな人
2.持続可能な国土・海洋の開発と保全に関する話題に関心があり,関連分野での活躍を夢見ている人
3.自然環境と人間社会との調和に関わる技術開発に興味と情熱をもつ人
4.学生募集要項に掲げる推薦入試Uに必要な試験科目を十分に学習している人

情報生体システム工学科
 高度情報化社会を支える情報システムは、人と環境に優しい安心安全な社会の実現に必須な基盤的技術です。情報生体システム工学科では、その基本である、情報システム工学、脳認知工学、生体計測工学に関連する教育・研究を行います。当学科では、この分野に関心を持つ次のような学生を求めています。
1.情報工学・生体関連技術に興味があり、何事にも柔軟な発想で積極的に取り組める人
2.間の認知過程や生体システムに興味があり、システム構築に取り組む意欲のある人
3.倫理的判断力を持って多くの人と積極的な意見交換を行い、自分の考えを論理的に説明できる人
 推薦入試IIでは、情報生体システム工学への興味と学習意欲のある学生を求めています。

化学生命工学科
 化学生命工学科は、化学の知識を役立てることにより、地球環境や生命との調和を図りつつ、グローバルな視野をもって人類社会の持続的発展に寄与できる人材の育成をめざしています。このため本学科では、特に化学・生物・物理・英語についての十分な学力を有し、勉学意欲があり、広範な視野と柔軟性を備え、積極性に富む次のような学生の入学を希望します。
1.新物質や機能材料の創製に意欲をもつ人
2.バイオテクノロジーに興味をもち、医薬や医用材料の創製に意欲をもつ人
3.分析や化学計測に関心のある人
4.環境保全やエネルギーなどに興味をもつ人
 推薦入試IIでは、専門分野を学ぶ上で必要な基礎知識、基礎学力をもち、化学生命工学の勉学に意欲と熱意のある学生を求めています。


編入学募集


[機械工学科]
 機械工学科は、数学・物理などの理科系科目の学力を基礎に機械工学を学び、さらには豊かな創造性、倫理観、多様な価値観といった教養を獲得し、もって国際的に活躍し、かつ私達の社会の持続的発展に貢献しようとする熱意と能力をもつ学生を求めています。
 編入学では、機械工学の勉学に意欲と熱意をもち、それに加えて、推薦による選抜では、高専における成績が特に優れた学生を、また、学力検査による選抜では、数学と機械工学における専門科目の基礎的な能力をもつ学生を求めています。

[電気電子工学科]
 電気電子工学科は、人類の幸福と福祉に供するという視点から物事を多面的に考える能力をもち、電気・電子・情報通信の分野における調和のとれた発展に関心をもった、向学心、研究心あふれる学生を求めています。
 それに加えて、編入学の推薦による選抜では、高専における成績が特に優れた学生の入学を、また、学力検査による選抜では、数学と電気電子工学における専門科目の基礎的な学力をもつ学生の入学を希望します。

[建築学科]
 建築の役割は、個々の建物から都市までを対象として、学術と技術と芸術の3つの面を融合して、人々に快適な空間を創ることです。建築学科では、科学と芸術と社会の広い分野に関心を持ち、1)建築を造りたいという情熱を持っている人、2)建築と人間や社会や環境との関係に興味がある人、3)建築デザインの分野で能力を生かしたいと考えている人、4)安全で美しい建築を造る技術に関心のある人、を求めています。
 編入学では、建築系を専攻している志願者と、建築系を専攻していない志願者に分けて求めています。建築系を専攻している志願者では、特に、建築に関する基礎知識を有している学生を求めています。建築系を専攻していない志願者では、特に、建築への情熱と、建築の考え方を理解できる能力を有している学生を求めています。

[応用化学工学科]
 応用化学工学科では、人類社会の持続的発展に貢献し地球環境との調和を図るための化学技術の開拓と、それに貢献する人材の養成を目標としています。編入学では、工業高等専門学校(商船高等専門学校を含む)、大学、短期大学または専修学校の出身者を対象として、化学あるいは化学技術に関心をもち、化学の基本を理解し、そして将来化学技術者あるいは研究者として活躍したいと考えている学生の入学を希望しています。なお、化学工学系コースでは、日本技術者教育認定機構(JABEE)プログラムを展開し、(A)持続可能な共生社会の創出、(B)人類社会への貢献、(C)コミュニケーション能力の獲得、(D)地域貢献を教育目標として設定しました。

[海洋土木工学科]
 海洋土木工学科は、海洋に関する深い理解とそれに関連した土木工学に関する知識と判断力を有する人材の育成を目指しています。
 本学科では、土木工学・海洋工学が社会に果たす役割について、地球的視点から多面的に考える能力を有し、国土・海洋の開発と自然環境との持続的調和に関心のある学生を求めています。 土木系を専攻している編入生については、土木工学に関する基礎知識を有し、海洋土木工学への強い興味と学習意欲のある学生の入学を希望します。土木系を専攻してない編入生については、土木工学・海洋工学を学ぶうえで必要な基礎知識、基礎学力を有し、海洋土木工学への興味と学習意欲のある学生の入学を希望します。

[情報工学科]
 情報工学科では、グローバルに発展する情報化社会を支える高度な技術者を育成するため、ソフトウェア、ハードウェアといった従来の技術分野を越えて、情報システム、マルチメディア並びに情報ネットワークなど幅広い分野の教育を行っています。
 このような情報工学の先端技術を学び実践するための素養として、数学や工学基礎、情報基礎などの基礎学力を身につけ、社会の様々な活動に知的好奇心を持って、自己の理解、思考を的確に表現し、問題解決に応用できる能力が必要となります。編入学では、工学部の共通教育に相当する科目および情報工学に関する専門基礎科目を既に履修し、更に大学で情報工学専門分野を深く探求する意欲と能力を持つ学生を希望しています。
 推薦による選抜では工業高等専門学校の電気・電子・情報系学科卒業予定者を対象として、大学での情報工学先端技術を学ぶ上で必要となる基礎知識と理解力、表現能力、勉学意欲等を評価する小論文検査と面接を実施しています。
 学力による選抜では、専修学校専門課程以上の高等教育課程の卒業者や卒業予定者を対象として、情報工学先端技術を学ぶ上で必要となる専門基礎学力を評価するための学力検査と、勉学意欲・基礎知識・コミュニケーション能力を評価するための面接を実施しています。

[生体工学科]
 生体工学科は、生体工学の扱う分野が多岐にわたるため、電子・情報・物理を基礎として学ぶ「生体電子工学コース」と、生物・化学・環境を基礎として学ぶ「生体機能材料コース」の2つの教育カリキュラムを編成しています。「生体電子工学コース」では、生体を様々な要素からなる複雑なシステムとして物理的にとらえる立場から生命現象にアプローチし、脳神経情報処理、医療計測機器、ニューラルコンピュータなどの開発に関心を持っている学生を求めています。「生体機能材料コース」では、生体分子や細胞の高度な機能を学び、生体を生物化学的に評価し、保護していく立場から、環境保全、遺伝子組み換え医薬、分子機能材料やセンサーなどに関心を持っている学生を求めています。