学生生活

>トップページ >学生生活 >アドバイザー・学生相談員制度

アドバイザー・学生相談員制度

アドバイザー・学生相談員制度

 鹿児島大学工学部にはアドバイザー・学生相談員制度があります。この制度は、所属学科の教員と博士前期課程学生がそれぞれアドバイザーと学生相談員となって、学生のみなさんの学修・履修方法や学生生活について助言したり、相談を受付けたりするためのものです。

 アドバイザーは学期ごとに1~3年の学生のみなさんと面談します。この時アドバイザーは、学生のみなさんが履修状況等を記録したポートフォリオをもとに、これまでの学習の到達度や進路希望を把握し助言等を行いますので、学生のみなさんは希望の進路に向けたつぎなる目標を設定していきます。また、学生生活に問題が生じた時にはその解消のためにいつでも相談にのります。
※ポートフォリオについては、この記事も参考にしてください。

 学生相談員は、1~2年の学生のみなさんに近い立場から学修・履修・学生生活に関する相談を受けます。大学での先輩としての経験から、良いアイデアをもらえるはずです。また同じ学生相談員を持つ先輩後輩と顔を合わせる機会も作ります。積極的にコミュニケーションをとってみてください。

 このように鹿児島大学工学部では、学生のみなさんと教員・学生が気軽に相談できる機会を設けて、効果的な学習ができるよう、また充実した学生生活を送れるようにきめ細かい支援をしています。

 学生のみなさん、いつでも気軽に相談してください。