1. HOME
  2. 入試情報
  3. 学部概要
  4. 学生生活
  5. 就職支援
  6. 教育
  7. 研究
  8. 学科紹介
お知らせ
トップページお知らせ > 第32回地域連携活動 小山田小学校にて「おでかけ実験隊」を開催

第32回地域連携活動 小山田小学校にて「おでかけ実験隊」を開催

2014年12月11日

大学院理工学研究科技術部 第32回地域連携活動 出前授業「おでかけ実験隊」を開催

 大学院理工学研究科技術部は、11月26日に出前授業「おでかけ実験隊」を開催しました。
 この活動は、昨今懸念されている若者の理科離れ解消の一助になればと平成23年度から始めたもので、今回で32回目(今年度第4回)となります。
 今回は、小山田小学校の5,6年生35人と先生方が参加し、科学実験として「液体窒素でおもしろ実験」・「人工イクラをつくろう」・「再結晶」を、ものづくりとして「葉脈標本しおりをつくろう」を行いました。
 演示形式で行った「液体窒素でおもしろ実験」では、スライドを使って説明をしながら実験を行いました。生卵に液体窒素をかけたり、液体窒素を床にばらまいたりと様々な実験を観察しました。また、子どもたち数人が、実際に生花を液体窒素に入れて実験を体験しました。
 その後、子どもたちはグループに分かれて「人工イクラをつくろう」・「再結晶」・「葉脈標本しおり」を体験しました。「人工イクラをつくろう」では、カラフルなイクラや様々な形のイクラを作って楽しんでいました。「再結晶」では、子どもたちが再結晶の実験を観察した後、自分たちで実験を体験しました。試験管の中に結晶が広がると、子どもたちから驚きの声があがりました。「葉脈標本しおりをつくろう」では、葉肉をはがして葉脈を取り、自分だけのオリジナルの葉脈しおりを作りました。
 今回の出前授業には、鹿児島大学のマスコットキャラクターである「さっつん」も参加し、実験を盛り上げてくれました。

・ 液体窒素でおもしろ実験
  

・ 人工イクラをつくろう
  

・ 再結晶
  

・ 葉脈標本しおりをつくろう
  

このページのトップへ
〒890-0065 鹿児島県鹿児島市郡元1-21-40 国立大学法人 鹿児島大学 工学部