お知らせ

>トップページ >お知らせ >理工学研究科 化学生命・化学工学専攻の大学院生が「化学工学会 第50回秋季大会」でシンポジウム賞(粒子・流体プロセス部会)を受賞

理工学研究科 化学生命・化学工学専攻の大学院生が「化学工学会 第50回秋季大会」でシンポジウム賞(粒子・流体プロセス部会)を受賞

2018/09/18~2018/09/20に鹿児島大学で開催された「化学工学会 第50回秋季大会」において、理工学研究科 化学生命・化学工学専攻(化学工学コース)2年の尾方宏至さんが「シンポジウム賞(粒子・流体プロセス部会)」に選ばれました。

 

【著者】尾方宏至,甲斐敬美,中里勉
【講演題目】流動化ガスのモル数が増加する場合の触媒流動層における気泡挙動の観察

 

【お問合せ先】
化学生命工学科 甲斐 敬美
メール:t.kai@cen.kagoshima-u.ac.jp