お知らせ

>トップページ >お知らせ >理工学研究科 化学生命・化学工学専攻の大学院生が「The 31st International Symposium on Chemical Engineering」でBest Poster Presentation Awardを受賞

理工学研究科 化学生命・化学工学専攻の大学院生が「The 31st International Symposium on Chemical Engineering」でBest Poster Presentation Awardを受賞

2018年11月30日から2018年12月2日にChiang Mai (タイ)で開催された「The 31st International Symposium on Chemical Engineering」において、理工学研究科 化学生命・化学工学専攻(化学工学コース)2年の廣森優太さんが83件の発表の中から優れた発表に授与される「Best Poster Presentation Award」6件のうちの1件に選ばれました。

【著者】Yuta Hiromori, Takami Kai, Tsutomu Nakazato
【講演題目】Mechanism of influence of gas properties on bubble behavior in a fluidized catalyst bed

 

【お問合せ先】
化学生命・化学工学専攻 教授 甲斐敬美
メール:t.kai@cen.kagoshima-u.ac.jp