お知らせ

>トップページ >お知らせ >理工学研究科 化学生命・化学工学専攻の大学院生が「第24回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム」で優秀ポスター賞を受賞

理工学研究科 化学生命・化学工学専攻の大学院生が「第24回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム」で優秀ポスター賞を受賞

2018年12月5日から2018年12月7日に八王子市学園都市センター(東京)で開催された「第24回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム」において、理工学研究科 化学生命・化学工学専攻(化学工学コース)2年の濱野且智さんが26件の発表の中から優れた発表に授与される「優秀ポスター賞」5件のうちの1件に選ばれました。

 

【著者】濱野且智, 甲斐敬美, 中里勉
【講演題目】キャピラリ細孔での二成分ガス非等モル相互拡散の解析

 

 

【お問合せ先】
化学生命・化学工学専攻 教授 甲斐敬美
メール:t.kai@cen.kagoshima-u.ac.jp