お知らせ

>トップページ >お知らせ >理工学研究科技術部が鴨池小学校で「おでかけ理科教室」を実施しました

理工学研究科技術部が鴨池小学校で「おでかけ理科教室」を実施しました

 大学院理工学研究科技術部は、平成23年度から始めた地域連携活動の91回目(今年度第6回目)として、9月20日に九州電力と共同で「おでかけ理科教室」を実施しました。
 
 この活動は、大学院理工学研究科と九州電力株式会社鹿児島支社広報グループとの協定(2017年2月1日)のもと、次世代層への理科の関心を高めるための科学実験やものづくり並びにエネルギー問題及び環境問題等に関する教育支援を通じて、地域社会の発展に貢献することを目的としています。
 
 今回は、技術部から職員8名が出向き、鹿児島市立鴨池小学校6年生99名の児童に対して、「発電体験」・「感電体験」・「火力発電模型を使った発電の仕組み」(以上、九州電力が企画)と、「液体窒素でおもしろ実験」・「光の万華鏡」・「巨大空気砲」(以上、本技術部が企画)を実施しました。
 
 「液体窒素でおもしろ実験」では、“ものの状態変化”や“液体窒素”について学んでもらうと同時に、実際に液体窒素を使った実験を6名の児童に体験してもらい、科学実験の楽しさや不思議さを体感してもらいました。「光の万華鏡」では、分光シートを用いた万華鏡づくりを行い、児童たちが自分で作った万華鏡と、こちらで用意した3色LEDライトを使って、“分光”について学習をしました。
 
 九州電力企画の「火力発電模型を使った発電の仕組み」や「発電体験」では、火力発電模型を使って発電の仕組みを学び、また、エアロバイクを用いて発電を体験してもらい、発電の仕組みや電気の大切さについて学んでもらいました。最後に、「巨大空気砲」用いて空気の観察を行いました。巨大空気砲から放たれる空気の渦輪を児童たちは手で触ったり、時にはジャンプして触ってみたりと大興奮でした。また、体育館後方まで進んでいく空気のうず輪を、児童たちは興味深く観察していました。
 
 九州電力株式会社鹿児島支社広報グループと共同での「おでかけ理科教室」も、今年度で4年目(今回を入れて計10回実施)となります。今後も、双方の特色や知見を活かしてより効果的な授業ができるように、活動を続けていく予定です。
 
 

「液体窒素でおもしろ実験」の様子 「光の万華鏡づくり」の様子
「巨大空気砲」の様子