お知らせ

>トップページ >お知らせ >理工学研究科技術部が中郡小学校で出前授業「おでかけ実験隊」を実施

理工学研究科技術部が中郡小学校で出前授業「おでかけ実験隊」を実施

 大学院理工学研究科技術部は、平成23年度から始めた地域連携活動の97回目(今年度第1回)として、9月17日、出前授業「おでかけ実験隊」開催しました。
 
 この活動は、ミッションの再定義(工学分野)をもとに、科学技術への興味を育む初等中等教育への出前授業の展開であり、子どもたちに科学実験やものづくりを体験してもらうことで、その面白さや達成感を味わい、少しでも科学やものづくりへの興味が促されることを目的としています。
 
 今回は、技術部から職員4名が出向き、中郡小学校(鹿児島市)6年生62名の児童に対して、科学実験「液体窒素でおもしろ実験」とものづくり「光の万華鏡」を実施しました。
 今回は、流行している新型コロナウイルスへの対策として、手指消毒の徹底、マスクをおこなうとともに、説明者は表情が見えるようにフェイスシールドをして実施しました。
また、換気のために窓を開け、説明者との距離を取るために、着席して実験や工作の手順を聞いてもらうようにしました。
 
 演示形式での「液体窒素でおもしろ実験」では、ディスプレイに資料を映しながら実験を進めました。児童たちは液体窒素に生花や軍手を入れる実験や、液体窒素にゴムボールを入れて落とす実験、ゴム風船を使った実験では、液体窒素に入れた風船が縮んだり、元の大きさに戻る様子を興味深く見つめていました。実験を行うごとに児童に結果を予想してもらうと口々に自分の予想を述べるなど児童の強い関心を感じる実験になりました。
 
 ものづくり「光の万華鏡」では、職員が作り方を説明しながら進め、作製後は、蛍光灯などの光を覗いて観察しました。自作した万華鏡を見せ合ったり、楽しそうに覗いていた児童は「キラキラしてきれい」と驚いた様子でした。
 この時期に毎年行っている中郡小学校での出前授業ですが、今回は初めて新型コロナウイルスへの対策を行いながらの出前授業となり、職員にとっても貴重な体験となりました。
 
 

液体窒素でおもしろ実験 光の万華鏡

●大学院理工学研究科技術部HPはこちら