お知らせ

>トップページ >お知らせ >化学工学プログラムの五島崇助教が論文審査貢献賞を受賞

化学工学プログラムの五島崇助教が論文審査貢献賞を受賞

2020年4月9日(木)に、化学工学プログラムの五島崇助教が、化学工学会から質の高い公平な審査を数多く行った査読者を表彰する論文審査貢献賞を受賞しました。

 

化学工学は、化学のための工学であり、合理的な化学プロセスの開発・設計・操作を目的とする学問です。化学工学会はそのための人材育成や、それらの成果の社会への有機的還元を目的として組織され、研究活動として14 の部会、また地方の7 支部を含む学会として活動しています。 化学工学会には、1968 年に創刊された英文誌「Journal of Chemical Engineering of Japan」と、1975 年に創刊された和文誌「化学工学論文集」の2 つの学術論文誌があります。現在は1 年間に各6 号発刊され、1 つの論文につき2 名の査読者による厳正な審査が行われています。このたび受賞した論文審査貢献賞は、これらの学術論文誌に投稿された論文に対して、質の高い公平な審査を数多く行った査読者を表彰するもので、その貢献が高く評価されたものです。

 

【参考URL】http://www.scej.org/award/other-awards/award-judge.html

 

【問い合わせ先】 化学工学プログラム 助教 五島 崇

TEL:099-285-8368

FAX:099-285-8385

mail:tgoshima@cen.kagoshima-u.ac.jp