学科紹介

>トップページ >学科紹介 >化学生命工学科

化学生命工学科

 化学生命工学科は、化学の知識を役立てることにより、地球環境や生命との調和を図りつつ、人類社会の持続的発展に寄与できる人材の育成を目指しています。このため本学科では、新物質や機能材料、バイオテクノロジー、分析や分子計測、医薬や医用材料、環境保全やエネルギーなどに興味をもち、広範な視野と柔軟性を備え、積極性に富む学生を求めています。
 本学科は、応用化学・環境工学の分野を学ぶ「物質環境化学コース」と、生命化学・製薬工学を学ぶ「生体化学コース」の2つの教育カリキュラムを編成しています。「物質環境化学コース」では、化学についての基本的な知識を有し、有用物質の創造や計測、環境分析や環境保全の技術開発に携わる人材を輩出すべく、教育を行います。「生体化学コース」では、生体分子や細胞の高度な機能を学び、生体を生物化学的に評価し、保護していく立場から、遺伝子組み換え医薬などに携わる人材を輩出すべく、教育を行います。
 半数以上の学生が大学院博士前期課程へ進学し、卒業生・修了生は、化学、環境、製薬等バイオ関連、電子産業、金属等広い分野で活躍しています。

学生生活

卒業後の進路

 卒業生の約半数が本学大学院理工学研究科化学生命・化学工学専攻(2年間)に進学し、残り半数が就職します。就職先は、化学・製薬関連企業や食品・バイオ・環境・エネルギー関連産業ばかりでなく、金属・各種材料、電気電子、機械・機器、情報産業、公務員と多岐にわたっており、基礎研究、開発研究、応用研究もしくは製造現場を受け持つことが多いです。主な就職先は以下のようになります。

【卒業生の主な就職先】

アキレス、旭化成、アルバック九州、池田糖化工業、栄研化学、えがお、大塚製薬、岡野バルブ製造、オカモト、化学及血清療法研究所、鹿児島県薬剤師会、川澄化学工業、熊本乳業、京セラ、KYB-YS、興人フィルム&ケミカルズ、小林製薬、ジャパンファーム、新日本科学、新日本科学PPD、星光PMC、ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング、大正富山医薬品、ダイキン工業、テクノプロR&D、トヨタ車体研究所、日油、日産化学工業、ニプロ、日本食研ホールディングス、日本触媒、日本新薬、日本ヒューマンメディック、濱田重工、ビオフェルミン製薬、三菱ケミカル、三井ハイテック、明治ホールディングス、他

化学生命工学科ホームページ