入試情報

>トップページ >入試情報 >先進工学科の括り枠について

先進工学科の括り枠について

 括り枠とは、入学後にプログラムを選択できる募集枠です。括り枠で入学した学生は、入学後半年間で、先進工学科の6つのプログラムの内容を網羅した科目(講義だけでなく体験型の演習など)や各プログラムの就職先についてのガイダンスを受けた上で、本人の希望と入学後の学業成績に基づいて各プログラムに配属されます。ただし、学修の質を保証するために、各プログラムの配属は本人の希望通りにならない場合もあります。