学部概要

>トップページ >学部概要 >先進工学科の教育目標と3ポリシー

先進工学科の教育目標と3ポリシー

教育目標

 工学部の教育目標を受けて、イノベーション創出の素養を持った人材の育成のために、次の教育目標を掲げます。

  1. 技術者の使命感と倫理観を持って工学の諸課題に挑戦する能力を養います。
  2. 工学分野全体を把握し、幅広い視野で諸課題を解決する能力を養います。
  3. 専門分野の基礎知識を体系的に修得することにより、基礎的学力、論理的思考力を養います。
  4. 複数分野の融合領域を修得することにより、イノベーション創出のための先進性を培う創造的思考力を養います。
  5. 高度情報化社会を生き抜くための情報基盤力を養います。
  6. 地域社会及び国際社会において活躍し続けるためのコミュニケーション力、デザイン力、生涯学習力を養います。

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

 鹿児島大学工学部先進工学科は、全学と工学部の学位授与の方針及び先進工学科の教育目標に鑑み、以下の能力を備え、所定の単位を修得したものに学士の学位を授与します。

  1. 技術者の使命感と倫理観を持って工学の諸課題に挑戦する能力
  2. 工学分野全体を把握し、幅広い視野で諸課題を解決する能力
  3. 専門分野の基礎知識を体系的に修得することによる基礎的学力、論理的思考力
  4. 複数分野の融合領域を修得することによる、イノベーション創出のための先進性を培う創造的思考力
  5. 高度情報化社会を生き抜くための情報基盤力
  6. 地域社会及び国際社会において活躍し続けるためのコミュニケーション力、デザイン力、生涯学習力

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

 鹿児島大学工学部先進工学科は、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を備えた人材を育成するため、次のような教育を実施します。

  1. 幅広い視野と多様な価値観を育み豊かな人間性と倫理観を修得するための教養教育
  2. 各専門分野の基礎から応用までの理論・技能を修得し発展させるための専門分野の基礎・基盤を修得する教育
  3. 複数分野の融合教育を推進することにより、イノベーション創出のための基礎的学力、創造的思考力を修得する教育
  4. 工学分野全体を把握し、幅広い視野で諸課題に挑戦するための教育
  5. 高度情報化社会を生き抜くための情報基盤としての数理・データサイエンス基礎力を修得する教育
  6. 継続的に地域・国際社会で活躍するための就業力、コミュニケーション能力、デザイン力、実社会における課題解決能力を身につける教育

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

1.求める人材像

 先進工学科は、本学科の教育目標に共感できる次のような人を、国内外から広く求めています。

  • 工学専門分野を修得できる基礎学力を有し、主体的に学修する意欲がある人
  • イノベーション創出のための技術開発に挑戦したいという情熱を持っている人
  • 工学のものづくりに興味を持ち、創造力、技術力で地域社会や国際社会に貢献する夢をもつ人
  • 自ら考え、主体的に学修する目的意識を有する人

2.入学前に身につけて欲しいこと

 高等学校レベルの国語、地歴、公民、数学、理科、外国語などの基礎学力のほか、特に各プログラムでの専門教育に対応できる数学、理科の知識と能力が必要となります。
 高等専門学校等から編入学する場合、高等専門学校レベルの一般教養、数学、英語などの基礎学力のほか、各プログラムでの専門教育に対応できる専門教育科目の基礎的な知識と能力が必要となります。

3.入学者選抜の基本方針

 先進工学科では、一般入試(前期日程・後期日程)、推薦入試I、推薦入試II、私費外国人学部留学生入試、国際バカロレア入試により入学者を選抜します。
 また、高等専門学校等からの編入学では、『推薦による選抜』と『学力検査による選抜』により編入学者を選抜します。

  • 「一般入試(前期日程)」では、大学入試センター試験で5教科7科目、個別学力検査で数学、理科及び外国語を課し、基礎学力・思考力などを評価し、全プログラムと先進工学科の括り枠の間で第2・第3志望を認めて選抜します。
  • 「一般入試(後期日程)」では、大学入試センター試験で3教科5科目、個別学力検査で小論文を課し、基礎学力・論理的思考力などを評価し、全プログラム間で第2・第3志望を認めて選抜します。
  • 「推薦入試I」では、大学入試センター試験を免除し、個別学力検査で面接などを課し、高校の調査書を含め、基礎学力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
  • 「推薦入試II」では、大学入試センター試験に加え、個別学力検査で面接などを課し、高校の調査書を含め、基礎学力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
  • 「私費外国人学部留学生入試」では、個別学力検査で面接を課し、基礎学力、日本語能力、学習意欲、目的意識などを総合的に評価し選抜します。
  • 「国際バカロレア入試」では、IB最終試験6科目の成績、志望理由書などの書類審査により、基礎学力・論理的思考力・表現力などの能力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
  • 「編入学の『推薦による選抜』」では、面接などを課し、高等専門学校長の推薦書・調査書、成績証明書を含め、基礎学力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。
  • 「編入学の『学力検査による選抜』」では、専門教育科目などの学力検査、面接などを課し、基礎学力、学習意欲、目的意識などを評価し選抜します。

参考資料